和紙をめぐる小さな旅 福井県越前和紙便箋 15枚入り

通常価格 ¥660
/
税込 送料は、精算時に計算されます

残り 10 点です
日本の地域の伝統産業や、それぞれの和紙の特徴に載せて、あなたの思いが旅をします。
英語での説明文も入っているので、外国の方への贈り物やお土産にも最適です。
例えば、お野菜でも農家の方のお顔が見える商品がスーパーに並んでいます。
和紙も同じです。
それぞれの紙に、作り手がいて、その人たちや土地にストーリーがあります。
 寸法:180×140mm 産地:越前和紙
入数:15枚 印刷:オフセット印刷


今回、デザイナーの浪本浩一さんと和紙産地を実際に訪ねて歩きました。
それぞれの気候風土に適した原料やモノづくりを真摯に積み重ねられてきています。
和紙、と一口に言っても、その裏側にはたくさんの人や歴史があり、違った表情を持っています。
あなたのお気に入りを見つけてください。

福井県越前和紙の歴史

およそ1500年前、のちの26代継体天皇が男大迹王(おおとのおう)として越前地方を治めていた頃、半島から越前に伝わったという紙漉き技術。以来、この地では襖紙、小間紙、奉書紙、檀紙、証券紙、画仙紙など多種多様な紙が作られてきました。太古の昔、岡太川の上流に女神が現れ紙漉の技術を伝えたとの古い伝説が残り、その紙祖神川上御前を祭った岡太神社は、今でも地元の人に愛されています。

紙の神様を祀る岡太神社

作り手である、山田兄弟製紙の山田社長より

「“伝える力を持った紙”を作りたい。そのために、今の時代にできることは何か、求められるものは何かをいつも考えています。“名人をして毎日が修行”とも言われる紙漉きの道。いろいろな人の声に耳を傾け、新しい和紙づくりに取り入れたいと思っています。」

山田兄弟製紙株式会社 山田晃裕

メディアにも紹介していただきました

日経MJにて

Customer Reviews

No reviews yet
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)

私達を選ぶ理由

和紙専門の問屋として、70年以上の歴史

オオウエは1948年、大阪は天王寺で創業しています。以来、全国の和紙産地とのつながりによって商いをしてきました。このショップでは、そんな我々が良いと思ったものだけを掲載しています。