和紙関連のクラウドファンディング5選

”クラウドファンディング”
日本でも近年急速に定着してきている言葉ですね。

海外では、「INDIEGOGO」「KICKSTARTER」
日本でも「CAMPFIRE」「Makuake」「READYFOR」など
クラウドファンディングのプラットフォームが多数あります。

それぞれのプラットフォームごとに特色があり、
クラウドファンディングを実施する上で、様々な選択肢が提供されています。

今回は私が和紙について調べる中で、和紙に関連したクラウドファンディングのプロジェクトを何件か知る機会がありましたので、
個人的に面白いな、気になるなと感じたプロジェクトを共有してみたいと思います!

 

和紙のビーチサンダル

ビーチサンダル製造会社株式会社九十九と
鞄メーカーの有限会社メニサイドの共同プロジェクト。

裸足で履くビーチサンダルにおける、”匂いが気になる”という問題に対して、有限会社メニサイドが開発した紙布帆布製品を使うことで解決したというプロダクト。
製造に関しては、国産ビーチサンダル製造を手がける株式会社九十九がひとつひとつ手作りしています。

 

和紙糸パンプス

和紙糸から作るパンプスで、1400万円ほどの金額が集まっています。

間伐材を原料とした和紙糸を使用しているとのことで、

履く人の足の負担はもちろんのこと、環境への負担も軽減させるようなプロジェクトとなっています。
さらにこちらのパンプスは、神戸・長田にある国内メーカーによる製造ということで、”日本人の足のことを考えて作ろう”という気概が伝わってきます。

同じ関西なので親近感が湧きます。笑

 

和紙のテーマパーク

 

こちらのプロジェクトは和紙業界で最近話題のテーマパーク
”ワラビーランド”の滞在拠点を改修するという内容です。

目標金額が600万円とハードルが高いですが、支援金額はどんどん増えていっています。

自分自身、このプロジェクトの行方がとてもきになるので引き続きチェックしたいと思います。

 

和紙の原料「ねり」生産プロジェクト

手漉き和紙を作る上でとても重要な原料「トロロアオイ」の生産をみんなで行って、和紙という日本の文化を未来へ繋いでいこうよ!という前向きなプロジェクト。

こちらも目標金額を達成しており、これからの和紙作りに大きな意味を持つプロジェクトになったのではないでしょうか。

やる気がみなぎるような内容のプロジェクトですね。

 

23歳手漉き和紙職人の挑戦

伝統産業を継いでいく若者の熱い気持ちがこもったプロジェクトで、
76人もの支援者に支持されています。

動画も豊富に掲載されていることや、応援メッセージの内容からプロジェクト起案者の人柄の良さが伝わってきますね!

※REAFYFORに掲載されていたこちらのプロジェクトですが、記事への埋め込み方法が分からないので画像を出すことができていません。
もしご興味ある方は下記のリンクからプロジェクトページを見に行ってみてください。

https://readyfor.jp/projects/tarafukuwashi 

さいごに

クラウドファンディングは、新しいことを行う上で必要となる費用を集めるというだけでなく、応援してくれる人たちと出会う素晴らしい機会にもなりそうです

弊社でも今後新しい取り組みを行う際には、クラウドファンディングを積極的に利用できたら良いなと感じます。

p.s.

弊社も過去にmakuakeさんにてクラウドファンディングを実施し、たくさんの方に応援購入してもらっています。

弊社マスキングテープのページはこちら


※コメントは承認された後に表示されます